2014年08月13日

久米南町、広島県の飛蚊症での針治療の体験

韓国政府の日本に対する挑戦でしょう。日本は政府でなく、国民が受けて立ちます。

朝鮮日報には触れず、産経だけ問題にするのはなぜか?=韓国ネット「当然の疑問」「脅せばいいと思ってる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140812-00000029-rcdc-cn
ある日本の記者は「加藤達也支局長は『反韓』寄りの記事を書くが、今回、特に問題となった部分は『朝鮮日報』のコラムを引用したもの。なぜ『朝鮮日報』は問題にしないで『産経新聞』にのみ法的措置をとるのか」と疑問を投げ掛けた。


捏像が明らかになってきた慰安婦もネタ切れ気味なので、日本を責めるいい材料に使われたんだろうね。
ニュースの大元を叩かず単にそれを紹介、解説した側だけを名誉毀損で叩くなんて狂っているとしか思えない!
言論弾圧を世界中のプレスに流し、韓国は民主主義・自由主義ではないと伝えるべき。反日正義の考えでやったのなら、その代償は計り知れないものになりますよ。



ハロー。 飛蚊症を(西粟倉村、勝央町、玉野市)近辺なら。

お待ちかねのかな?

詳細まで書きますね。飛蚊症に関連しての、「針治療の体験」を飽きないようにお話をしますね(^^)/


飛蚊症をって考えるよりて感じがしません?

針治療を行う治療院はたくさんあるのです。が、度も針をしたことのない人にとってはちょっと不安な気持ちでしょう。

インターネットなどで針治療の体験談がいっぱいあります。

それらを読んで感じたことを書いてみましょう。

誰でも針治療は痛いものだと思っています。

しかし、それほど痛くなかったとの感想ですね。

当然、裁縫の針は痛いのです。が、針治療の針はもっと細くて先端が丸くなっているのです。

針を打つと、最初はだるい感じがするそうです。

それです。なのでじわじわと効いてくるような感じになってきます。

ぎっくり腰などのように激しい痛みがある時には即効性のある治療が行われます。

それが針治療の効果なのです。

針治療では体の中の血の巡りをよくすることで治療しようと言うのですから、直接的な改善は目に見えません。

西洋医学が目に見えるものを治していくのに対して、東洋医学は目に見えないけれども感じていることを治すと言えるのと診断されるかもしれません。

針治療が慣れた人。何度も通院していることでしょう。

針を打った当日は少し、体がだるくなります。

それで日が経つとだんだんと効いてくるのです。

肩こりや腰痛で悩んでいるのであれば、針治療を考えてみませんか。

湿布などをしても痛みは和らぐことがないのです。

針を打つことによって、体がリラックスします。

筋肉の緊張を解く効果があるのです。

これが治療に大きく影響しているのでしょう。

不妊の治療などにも針治療が行われています。しかし、リラックスすることが体全体の調子を整えてくれることの現れです。


posted by 七里信一 at 01:26| 七里信一 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。